ジャパンエキスポ(フランス)とは

日本でもメディアをとおして度々紹介されるフランスのジャパンエキスポ。

「ジャパンエキスポって、現地はどんな様子なのですか?」と、よく質問をいただきます。シンプルにご説明するとすれば、日本の文化が大好きなフランス人たちが、あらゆる日本に関するコンテンツを集結させ運営し、日本の文化に大いに関心を持つフランス人及び周辺諸国の人が集まる、お祭りのような数日間といえるかもしれません。

1999年に日本の文化が大好きな3人の若者によって始められたジャパンエキスポは、今や24万人以上(2018年7月5日~8日、4日間の来場者 243,864人)が訪れる欧州最大規模の日本文化にまつわるフェスティバルとなりました。アニメやマンガ、ゲームだけではなく、伝統芸能、音楽、スポーツ、武道、ファッション、クリエイター、そして近年は観光、食(日本酒なども含む)にも力を入れ、幅広い層に日本の文化を発信しております。

2019年は20周年を迎え、来場者の年齢層も幅広くなっており、ファミリーの姿も目立つようになりました。

観光エリア(ESPACE TOURISME)とは

弊社・クロスライトジャパンは、ジャパンエキスポ(フランス)の公式パートナーとして、観光エリアを担当しております。

ジャパンエキスポへは、これまでにも多くの自治体様、観光事業者様にご出展いただいておりましたが、統括的に日本の観光情報をご紹介していきたいという主催者の意向で、2018年より観光エリアが新設されました。観光エリアは、来場者はもちろん、現地のメディアからも好評でした。旅には複数の要素があります。最先端の都市、美しい自然、和食、お酒、神秘的な文化、大好きなアニメの舞台、憧れのスターの出身地、そして出会い… 
来場者の日本への興味は、尽きることがありません。

「初めての日本。有名な場所へ行ってみたい!」「日本に行ったことがある。次はまだ知られていない場所へ行ってみたい…」様々な来場者様の知的好奇心、「フランスで地域への観光誘致のためのPRをしたい」「フランス人の生の声を聞きたい」等、各種ご要望をおもちの出展者様との出会いの場として、ジャパンエキスポ(フランス)の観光エリアをぜひご検討ください。

ジャパンエキスポの来場者
ジャパンエキスポ開催中、会場となるノールヴィルパント展示会会場は、ずっと熱気につつまれています。是非会場でこの熱気を感じてください!